BISSELLについて

ホームクリーニングのエキスパート

BISSELLは、ホームケアビジネスのリーダーであり、5世代にわたる家族経営の会社です。

我々には消費者の生活、クリーニングに対しての深い理解があります。その基本的な信念により、消費者の家庭の環境やクリーニングの習慣を調査します。これにより、BISSELLはホームクリーニングをより良いものへと発展、開発し、生活に革新を生み出していきます。 

BISSELLは、より良いサービスを提供できるようにプロ精神、情熱を注いでおります。

これは伝統であり、革命、そして情熱です。そしてこれらは、私たちの過去、現在、未来でもあるのです。

私たちはホームクリーニングのエキスパートです。

BISSELLの歴史

ビジネスは1876年にはじまった


1876年に、Melville R. Bissellと彼の妻Annaは、ミシガンで小さな陶芸店を営んでいました。 アンナは、1日の仕事のあとに掃除をする際、小さく硬くカーペットに入りこんでいるおがくずを取り除くことに時間がかかり、うんざりしていました。 Annaは、Melvilleにこのことを伝えると、Melvilleはこの問題を解決するためにカーペットスイーパーをデザイン、設計しました。

彼の独創的なカーペットスイーパーは成功を収め、Melville Bissell'sのカーペットスイーパーはどんどん知れ渡っていきました。人々はどこでカーペットスイーパーを購入できるのか聞き始めるようになりました。その後、BISSELLのカーペットスイーパーは1876年に特許を取得、そして、1883年、最初のBISSELL製造工場をグランドラピッズ(ミシガン州)に建設しました。
1889年のMelville R. Bissellの早すぎる死後、Anna Bissellは自信を持って会社を統制しました。そしてアメリカで初めての女性CEOになりました。

彼女は会社の特許を守りながらスイーパーを北アメリカ、そしてヨーロッパに市場を拡大し成功していきました。事実、1890年代後半、ビクトリア女王もBISSELLの大ファンであり、毎週BISSELLで掃除をしていると主張していました。

生活が変わり、会社はカーペットスイーパーだけでなく、ほかの商品も世に送り出し、人々の掃除の時間を短縮するとともに、掃除をより良いものに変えていきました。1950年代には、BISSELLは新しく多目的に使用できる専用の洗剤を開発し、大変だったカーペットの掃除の時間を短縮しました。小さなリビングに住む人が増えてくると、BISSELLは、実用的で簡単に収納できる機器を紹介。BISSELLのディープクリーニング(かつて商業的プロバイダーの領域を独占)はすべての人々に利用可能になりました。現在の消費者市場のカーペットクリーナーの特徴における内臓ヒーターを搭載することによりパフォーマンスを最適化したクリーナーを紹介しました。

2000年代初期、BISSELLの社員のおよそ72%がペットオーナーであることが発覚しました。しかしなによりすばらしいことは私たちがペットを愛していることですが、かれらは小さい家にいることを心にとどめていません。これが多くのペット里親への抑止であると分かったとき、我々は何かしなければならないということを思いました。2001年、私たちはPetfinder.comと提携して、2005年に初めてペット掃除専用にデザインされた製品を販売し始めました。Cathy Bissell指揮の下、私たちはU.S.ペットチャリティを通して、ペットコミュニティに寄付のサポートをし続けました。そして2011年、彼女はBISSELL Pet Foundationを設立。BISSELLペット製品による売り上げ金をもとに、迷子、虐め、捨てられたペットを擁護するNPO法人となりました。BISSELL Pet Foundationは43州、375以上もの団体から評価され、$500,000もの金額を集めることに成功。私たちのゴールは、ペット製品を年間$250,000売り上げてFoundationをサポートすること。私たちはペットが新しいお家を見つけることに尽くすとともに、BISSELLの消費者にその姿勢を見てもらい、クリーニングツールを通して、オーナーシップの喜びや仲間付き合いを増やしていきたい。と、考えております。

BISSELLはあなたが効果的かつ容易に部屋の掃除するよう援助し、あなたに起こりうるすべてのこと、赤ちゃんが散らかしたあとや赤ワインをこぼした時、泥やチョコレートのよごれ、猫の毛など、すべてを一瞬で消し去り、きめ細かい清掃をあなたの家庭にもたらします。